蓄膿症は一度かかると再発しやすい?

スポンサーリンク

蓄膿症は慢性化しやすい病気です。
一度掛かってしまうと、再発し易い病気でしょう。

 

蓄膿症は、体の免疫力が弱まっている時になり易い病気です。
一度治ったとしても、また免疫力が弱っている場合に蓄膿症になってしまう事が有るのです。

 

特に、強く蓄膿症になった方は大変でしょう。
一度蓄膿症の手術をしても完全に蓄膿症が治る訳では有りません。

 

その後も定期的に耳鼻科で診察を受け、
定期的に薬を処方して貰う事になるかも知れません。
中には個人的に漢方薬を飲んで蓄膿症にならない様な体質にする努力を
しなければいけないかも知れません。

 

漢方薬の中には、鼻の粘膜に強い物も有るので、
そういった物を定期的に服用する事で再発を防ぐ事が出来るのではないでしょうか。

蓄膿症を放っておいてはいけません

蓄膿症は再発しやすいからと言って病院に行かずにそのままにして置いてもいけません。
蓄膿症は軽度でしたら自分で治す事も可能ですが、
そのままにして置く事で更に悪化してしまう可能性も有ります。

 

蓄膿症が悪化すると、蓄膿症の手術を受けなくてはいけなくなるだけでは無く
他の病気まで発祥してしまう可能性も有るのです。

 

他にも、蓄膿症が酷くなりどんどん悪化して行き、最終的に癌になってしまった方もいるのです。

 

蓄膿症は再発しやすい病気なのですが、生活習慣に気を付けて
免疫力を付ける様にしていれば再発し難くなります。

 

しっかりとバランスの良い食生活をして、健康的な生活を送り、
自宅の空気を綺麗にしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク


お知らせ

ぐずぐずやドロドロで不快感に悩まされるという方は、こういったお茶も販売されていますので、
下記のようなお茶を試してみるのもひとつのほうほうかもしれません。