蓄膿症は感染するのか?

スポンサーリンク

蓄膿症は感染するのか?

蓄膿症は感染する病気なのでしょうか。

 

蓄膿症はウイルスや細菌によって生じる病気です。
しかし、蓄膿症は感染をする事は有りません。

 

例えば、蓄膿症の方の近くに居たり、子供が蓄膿症に掛かったからと言って
子供の鼻を触ったからと言って蓄膿症になる事は無いと言えるでしょう。

 

蓄膿症になる原因は、空気中の細菌が影響する事が殆どです。
空気中の細菌が鼻の奥に付着する事で、蓄膿症の症状が出ると言われています。

 

しかし、普段から不健康な食生活をしている方や免疫力の無い方は、
蓄膿症に感染する可能性が無いとは言いきれません。

 

基本的には感染しない病気なのですが、
鼻腔が弱まっている時等は蓄膿症が感染する恐れがあります。

 

蓄膿症に感染しないためには?

蓄膿症に感染しない為には、普段から規則正しい生活を行っている事が大切です。
健康的な食生活、睡眠時間、ストレスの溜めない生活を送る事が
蓄膿症だけではなく様々な病気の予防と成ります。

 

食生活が乱れていたり、睡眠不足であったりすると、
どうしても体の中の抵抗力が弱まりすぐに細菌やアレルギー反応が生じるでしょう。

 

他にも、空気を綺麗にしている事が大切でしょう。
蓄膿症は、空気が汚れていると掛かり易い病気だと言われています。

 

家の中が汚れていると、同じ空間に過ごしている人が
同時に蓄膿症になってしまう可能性もあるのです。

 

ハウスダスト等の空気の汚れから守る為には常に自宅を綺麗にしている事が大切なのです。

 

この様に、普通の生活をしている分には、蓄膿症は感染する事はありません。

スポンサーリンク


お知らせ

ぐずぐずやドロドロで不快感に悩まされるという方は、こういったお茶も販売されていますので、
下記のようなお茶を試してみるのもひとつのほうほうかもしれません。