蓄膿症と鼻茸の違いについて

スポンサーリンク

蓄膿症と鼻茸の違いについて

蓄膿症に付随する病状の1つに鼻茸と呼ばれるものがあります。
鼻茸とは別名では鼻ポリープとも呼ばれているもので、
蓄膿症を起こしていることが原因で引きおこされてしまいます。

 

蓄膿症は正式には副鼻腔炎と呼ばれるのですが、
副鼻腔に炎症を起こしてしまって膿が溜まってしまっている状態を言います。

 

鼻風邪やアレルギー性の鼻炎である花粉症などを
きっかけとして鼻の粘膜が炎症を起こしてしまうことが原因です。

 

鼻づまりや鼻水が沢山出てしまう症状が出るのですが、
一時的な症状である時には急性の副鼻腔炎となります。

 

この急性副鼻腔炎が長期化してしまったりすることで慢性化してしまったものを
慢性副鼻腔炎と呼んで区別しています。

 

鼻茸について

鼻茸は慢性副鼻腔炎となってしまった時に見られるもので、
鼻の中を診察すると水ぶくれが見えることがあります。

 

これを鼻茸と呼んでおり、炎症が慢性化してしまった鼻の粘膜が
水ぶくれを起こしてしまった状態のことを指しています。

 

長期的に鼻づまりが解消されないと言うのが鼻茸に見られる一般的な特徴です。

 

嗅覚が鈍感になってしまうこともあり、鼻茸が酷くなってくると鼻の穴から
水ぶくれが見えてしまうこともあるようです。

 

最悪、鼻の形が変わってしまうというようなこともありますので、
鼻づまりだからと言って放置していてはいけません。

 

また、鼻茸が原因となって頭痛を引きおこしてしまうこともあり、
決して油断してはいけないものだと言えます。

 

鼻茸が出来るほどに慢性化してしまった副鼻腔炎はすぐにでも
医療機関で適切な治療を行っていかないといけません。

 

鼻茸だけではなく、他の部位である耳や目、喉にも合併症となる炎症が
起きていても不思議ではないからです。
蓄膿症じゃないかとは思っていても、鼻づまりや鼻水だけだから
つい治療を放置してしまう方も多いようですが、合併症を起こすことによって
難聴となったり失明したりするような場合もありますので、出来るだけ早い内から治療を進めるようにしておきたいですね。

 

 

スポンサーリンク


お知らせ

ぐずぐずやドロドロで不快感に悩まされるという方は、こういったお茶も販売されていますので、
下記のようなお茶を試してみるのもひとつのほうほうかもしれません。