蓄膿症の痛みとは?

スポンサーリンク

蓄膿症と痛みについて

蓄膿症は悪化すると激しい痛みに悩まされる方も多いでしょう。
鼻の奥が強い痛みに悩まされたり、頭痛や酷い時はめまいまで生じます。

 

 

蓄膿症の痛みが酷い場合は、鎮痛剤を病院で処方して貰う事が出来ます。
鎮痛剤で多少の痛みは和らげる事が出来るでしょう。

 

しかし、鎮痛剤の痛みは一定時間しか聞かず、蓄膿症は顔面や頭が酷く痛む場合が有ります。

 

蓄膿症の痛みとは?

 

顔全体の痛みは、鼻や頬辺りに出る場合が多いです。
鼻の奥に有る膿が痛みを発生させている原因なのです。

 

顔の奥の方から痛みが生じ、対策も中々練る事が出来ません。
また、蓄膿症の頭痛は通常の頭痛とは違い、鈍く深い痛みが長時間続きます。

 

これらの痛みが重なると、日々の生活が辛くなったり睡眠を摂りにくくなるでしょう。
早く改善したい物ですね。

 

 

勿論、痛みが酷い場合は鎮痛剤を飲む事が出来ます。
しかし場合によっては鎮痛剤を飲まない方が良い場合も有ります。

 

鎮痛剤を飲み過ぎるとどんどん痛みを緩和させる作用が弱くなるとも言われています。

 

 

もし、蓄膿症での顔の痛みが酷い場合は、顔を横向きにして眠ると楽になるかも知れません。
鼻の奥に溜まった膿が下に流れる事により、痛みを緩和する事が出来るのです。

 

 

ある程度の対策で痛みを緩和する事は出来ます。
けれどもやはり、大本の原因から治していかない事には痛みは改善されません。

 

 

蓄膿症は軽い症状で有れば1年以内で完治し易いと言われています。
もし蓄膿症の様な症状が出たら、出来るだけ早めに耳鼻科に行く事が大切でしょう。

スポンサーリンク


お知らせ

ぐずぐずやドロドロで不快感に悩まされるという方は、こういったお茶も販売されていますので、
下記のようなお茶を試してみるのもひとつのほうほうかもしれません。